ハウツーマニア | これってどうやる?困ったときに使える方法!

困ったときにはハウツーマニアにお任せください!あのやり方・方法がわからない、を解決へ導いてみせます!内容は自己責任で実行してください。

花粉症シーズンは喘息もひどくなる。

記事を共有:

私はハウスダストアレルギーの喘息です。

これまではシムビコートという吸入薬で、気管の炎症がおさまっていました。

→ 【大人の喘息】シムビコートを10ヶ月使っての効果・変化。

しかし3月に入ってから息苦しい症状がつづいています。

花粉症シーズンは何故苦しくなるのでしょうか?

花粉症シーズンは喘息が悪化するシーズン

3月に入ってから喘息の症状が強くでていませんか?

私の場合はマスクでアレルゲンの侵入を防いでいるのにもかからわらず、症状がひどいです。

 

鼻炎がある

花粉症といえば鼻づまり。

鼻炎と気管は関係しています。

鼻炎があると気管もせまくなり、呼吸がしにくくなります。

鼻炎を治すことで、喘息の症状を緩和することにもつながります。

その場しのぎのお薬ではなく、治療を進めることが大切です。

とはいえ、しんどいときはその場しのぎも大切です。医師に相談してみましょう。

即効性のない治療薬だけをもらうケースが多い気がしますので。

 

リモデリングしないために相談しよう

リモデリングとは、炎症が長く続いて、気管が細くそれが普通になってしまうこと。

仮に喘息が治ったとしても、気管が細いままになってしまうことです。

治療しないとどうなる?(チェンジ喘息!)

 

なので、しんどい状態が続くようであれば、医師に相談してお薬を調整してもらうなどの必要があります。

私の場合、普段は吸入薬(シムビコート)のみでした。

しかし花粉症シーズンに入り症状が悪化したことを相談した結果、吸入薬がレルベアになり、飲み薬も処方されました。

レルベアは1回の吸入でシムビコートの6吸入分に相当します。言ってしまえばキツイお薬です。

飲み薬もキツイものでした。肺などの呼吸器以外にも影響がでてしまうかもしれません。

しかし、そうでもしてリモデリングを防がなくてはなりません。

 

日常から気をつけよう。

花粉はどこにでも飛んでるので、逃げるとこはないです。

しかし、減少は可能です。

 

例えば、部屋の空気の入れ替える時間帯を調整するとか。

1日の中で花粉のピークっていつ?|鼻炎Q&A|アレルギー専用鼻炎薬「アレグラFX」

窓は全開にせず、カーテンごしに通気するようにすれば花粉が部屋中に飛散する数が少なくなりそうです。

それも短時間のほうが良さそう。(~10分)

 

異変を感じたら病院へ

喘息の症状は命にかかわることでもあるので、異変を感じたら早めに受診をしましょう。

心配事は伝えておくとよいです。

お薬の効果がない、感じにくい。お薬を変えてみてほしい。

患者の意見を尊重してくれるはずですので、希望は言ったほうがいいです。そのうえで判断・相談してくれるはずです。

リモデリングは絶対に防ぎましょうね!

 

喘息持ちは花粉症は天敵ですね…。私は喘息になってから1年が経過しましたが、こんなにも花粉がにくいのは初めてです…。