ハウツーマニア | これってどうやる?困ったときに使える方法!

困ったときにはハウツーマニアにお任せください!あのやり方・方法がわからない、を解決へ導いてみせます!内容は自己責任で実行してください。

スノボで必要な物。楽しく滑るために・ケガをしないために。初心者向け

スノーボードでの必需品。

スノボーに行く際に必要な物を紹介します。

楽しく滑るためにはケガをしないことが大事です。

後悔しないためにチェックしておきましょう!

初心者向けの記事になります。

スノボで必要なもの一覧

どれもかなり大事で必要な物になります。

用意が終わった方も無いものがないか確認してみてください。

 

ケツパッド(ヒッププロテクター)

絶対必要です。これをケチったら後悔します。

スノボでコケるときはお尻が先に着きます。なので尾てい骨に響きます。着けることで安心感もありますね。

 

心配な方は、ヒザ・ヒジのプロテクターも用意しておくと良いでしょう。

 

フェイスマスク

山なので天候は変わりやすい。

雪が降れば風も吹きます。そうなると、鼻に雪が侵入して呼吸がしにくいです。場合によっては呼吸できないです。なので、フェイスマスクが必要です。

色んなタイプがあります。

雪が降って無いなら防寒具として使えるのでおすすめです。

 

ゴーグル

絶対に持っていってください。

スキー場は白銀の世界です。反射で目のダメージが凄いです。

目元の紫外線カットの役割も果たします。

 

普段メガネを着用している方は、ゴーグル選びは注意しましょう。

 

防水手袋(グローブ)

コケると手に雪がついてしまいます。場合によっては雪が侵入してきます。手先が冷えると体調を崩しやすいので手袋選びは慎重にしましょう。

できればスポーツショップなどに行って試着して選んだほうが良いです。

暖かさも大事ですが、防水性を重視するのもおすすめ。

 

ニット帽

防寒具。髪が濡れないの防止。

耳の防寒具にもなります。

コケたとき、後頭部のクッションにもなります。(多少)

ユニクロなどでもヒートテックのニット帽が販売されていますよ。

 

ネックウォーマー

防寒具。ウェアの隙間を防ぎましょう。

ニット帽同様、コケたとき、後頭部のクッションにもなります。(多少)

 

スマホの防水ケース

ウェアのポケットに入れていても濡れます。

スマホを守るために防水ケースを用意しておきましょう。

下のAnkerの防水ケースはおすすめ。強いです。

 

昼食以外はぶっ続けで滑ることもあるでしょう。

糖分・カロリー補給として飴がおすすめです。

 

替えの下着・服

スノボ・スキーをやっていると、思っている以上に汗が出ます。コケることで雪が侵入して濡れることもあります。帰りは気持ちが悪いので替えのものを用意しておきましょう。

荷物が増えるので、圧縮袋などで入れて持っていくのもおすすめ。

 

 

心配症な方向け。必要な物

普段行かない場所には、なにかと心配で安心するために色々持っておきたいですよね。備えあれば憂いなし。

心配症な方向けの必要な物です。あくまで提案です。

簡単に紹介します。

  • 腰掛けポーチ(下記のものを入れる)
  • 笛(遭難用)
  • 非常食(カロリーメイトなどコンパクトなもの)
  • 常備薬
  • 絆創膏
  • テーピング
  • モバイルバッテリー
  • 十徳ナイフ
  • カイロ
  • 方位磁石

 

以上です。

スノボは楽しいスポーツです! 準備万端で楽しみましょう!