ハウツーマニア | これってどうやる?困ったときに使える方法!

困ったときにはハウツーマニアにお任せください!あのやり方・方法がわからない、を解決へ導いてみせます!最近は雑記も!

スキー初心者が教えるスキー上達法!必要な持ち物も紹介。

※筆者はスキー経験は合計4回です。(合計20時間ほど)

スキーのスピード感がホント気持ちいです!

上達すればスキーがもっともっと楽しくなるはず!

スキーの上達方法について初心者が解説してみます。

スキーの上達法

※初心者が思う上達法です。

 

恐怖を捨てる

初めてのことなので恐怖は有ると思います。

しかし上達の上で恐怖心は非常に邪魔でした(経験談)

なので、わりきって恐怖を捨てるようにしましょう。↓下の項にある転び方も関係してきます。

スキーに行くということは楽しみに来たということだと思います。恐怖心なんてあったら楽しめませんよ!

 

転ぶ練習をする。転び方

スピードが出て止まれない!なんてことも有ると思います。

そんなときは潔く転びましょう。

転ぶときは横に転びます。お尻から着くようにしましょう。

そのときに、スキー板を下の谷に向けるようにするとなお良いでしょう。これは立ち上がった際に滑らないようにするためです。

この転ぶ練習は必ずしておいた方が良いです。転ぶのは恥ずかしくありません。

 

止まり方

ハの字は有名です。しかし、スキーの板でハの字を作るだけじゃ止まりません。

ヒザをくっつけるように内股にならないとブレーキがかかりません。

ヒザ同士を近づけるほどエッヂが聞いてブレーキが強くなります。

 

また、板を谷に向けることでも止まれます。方向転換する際の応用で出来ます。

 

方向転換する方法(曲がり方)

左に行きたい場合、左に体重をのせるようにします。

そうすると足も自然と動くでしょう。(上達すれば足の動きはほとんど必要なく方向転換できます)

体重移動がキモです。

 

スピードになれよう

中級者コースで滑るにはスピードになれる必要があります。

姿勢を低く(胸とモモがひっつくような姿勢)にすると空気抵抗が減りスピードが上がります。

初心者コースでスピードを出す際には気をつけましょう。突然転ぶ人や減速する人、曲がってくる人など様々です。ですので、とっさの方向転換も出来るようにしていてください。

 

 

私も初心者ですので語れるのはこれくらいです。参考になれば幸いです。続いて必要な持ち物もご覧ください。↓

 

スキーに必要な持ち物

■必須級

  • 帽子(ニット帽など)
  • ゴーグル(雪山は目の刺激がスゴイので、目も乾く)
  • グローブ(スノースポーツ用)
  • ネックウォーマー(風が冷たいです)
  • 替えの下着(派手に転ぶと雪が服の内部に入ってきます)
  • 飲み物(意外と汗をかくので水分補給)
  • ヒートテック(冷え性の方は必須)
  • 日焼け止め(雪山は紫外線がスゴイです)
  • スマホ・ケータイ(助けを呼ぶ際に)

スキーウェアやスキー板はレンタルが出来ると思います。(念のため確認しましょう)
しかし、洗ってないのか臭い場合もあります(体験談)。気になる方は約5,000円から上下セットを購入できます。

 

 

メガネの人がゴーグルを買う際は、「ダブルレンズ」「メガネ対応」をキーワードに探しましょう。

 

■あれば良い程度

  • カイロ
  • マスク(ネックウォーマーでカバー出来ない鼻などを覆う用)
  • ポケットティッシュ(鼻水が出る人は出る)
  • ヘルメット(疲れは増すが、安全のためにつけたほうが良い。日本では制限が無いが、海外ではヘルメットが義務付けられる場合もある)

 

以上です。初心者ながら書かせて頂きました。参考になれば幸いです。