ハウツーマニア | これってどうやる?困ったときに使える方法!

困ったときにはハウツーマニアにお任せください!あのやり方・方法がわからない、を解決へ導いてみせます!内容は自己責任で実行してください。

【大人の喘息】吸入薬の効果を時間別にメモ。シムビコートを2ヶ月使ってみての変化。薬以外の対策方法。

ぜんそくの治療薬の効果はどうなの?

私は大人・成人になってから気管支喘息をわずらいました。

この喘息はハウスダストによるアレルギー性疾患です。

呼吸器内科で「シムビコートタービュヘイラー」という吸入薬を処方していただき、2ヶ月間使いました。服用し続けての変化をメモしておきます。(随時追記して完治に近づくまで続けたいと思います)

また、シムビコートの効果についての情報が少ないと感じています。コメントなどで効果についての情報をいただけると嬉しいです。承認後このページに公開しますのでよろしくお願いします。

喘息治療の吸入薬を2ヶ月感使ってみての効果メモ

  • 使い忘れはありません
  • 苦しいと感じたときには追加吸入している
  • 定期吸入は1回2吸入
  • 副作用なのか動悸を感じる
  • 吸入薬以外でも改善を図っている → その対策方法

 

吸入薬以外の情報も記載しておきます。知っておきたい情報を上の目次から飛んで御覧ください。

 

吸入薬を使う前(他の薬を服用)

生きた心地がしないほど息苦しかったです。深呼吸ができない。通常時の5割くらいしか呼吸できていなかった感覚。

寝ても途中で起きてしまい、無呼吸だったことを自覚していました。

 

診断が難しいのか、最初はメプチンエアーを処方されました。これは治療薬ではなく、症状を一時的に止めるもの。正直、効果はあまり感じませんでした。

喘息になった原因は様々あると思いますが、一つの原因として空気清浄機がありました。

空気清浄機が原因で喘息になった。息苦しさがあるなら疑ってみてほしい!

他には部屋の汚さ(ほこりが多い)などがあったと思います。

 

次に、鼻炎薬をもらいました。気持ち的な部分かもしれませんが、喘息の息苦しい症状はマシになったと感じました。

花粉が多く飛散している時期だったため、それが原因かもしれないということでした。

鼻炎と喘息の症状は関係性があると言われていたので、服用していました。

 

再診で苦しさを訴えると、シムビコートタービュヘイラーという吸入薬を処方していただきました。喘息以外では、COPDの治療にも使われるそうです。気管支拡張症の方に処方される場合もあるそうです。

 

——-(吸入薬開始:2018年4月1日)——-

 

服用【1~2週間】(シムビコート)

あまり変化を感じず。(息苦しさは改善されず)

人前では自分らしさを出すことはできませんでした。

作り笑いをする気にもならない。それくらいまだ息苦しさを感じて過ごしていました。

極力、動きたくありませんでした。(そもそも動く体力と気力が無い・感じなかった)

 

治療薬ということで安心感はありました。

発作時(息苦しさ・気道の収縮)でも使えるということでした。

お守り的な存在で、常に持ち歩いていました。

 

睡眠の質は改善されました。喘息が原因で途中で起きることはこれ以降ありません。

 

服用【3~4週間】(約1ヶ月)

息苦しさが少し改善されている気がしてきました

この期間でも、自分らしさを出すことはできませんでした。

 

4週目には、治ったのかというくらい元気で調子の良い日がありました。

こういった兆しは非常に元気がもらえました。

 

元気だった日・その前日の情報を記録する

複数回経験していれば、共通点などの情報はかなり重要です。

下記のような項目です。これ以外にもあれば細かく書いておきましょう。

  • 食べ物
  • 行動(運動したとか・場所)
  • 気分(感情・ストレス)
  • 出来事(その日は楽しみな日だったとか)
  • 天気・気温・湿度

再現してみて、元気な日がコントロールできるようになればそれは発見かもしれませんね。

また、アレルギー性疾患ではないかもしれません。病院で伝えてみましょう。

ちなみに私の場合は、「元気だった日は楽しみがありました」。気をはっていたのかもしれません。

 

 

服用【5~9週間】(2ヶ月)

4週目と比べて、息苦しさは少し改善されていました。

少しずつ自分らしさも出せるようになりました。

しかし、数週間は効果の変化をあまり感じず停滞しています。

なににしてもそうですが、変化が無いというのはツライです。

 

唯一感じたのは痰(たん)が出るということ。それにより、気道が塞がれるのか一瞬息ができなくなります。これは私にとって強力な不安要素でした。痰を出しやすくする薬をもらい解決しました。

その薬をもらうまでは、環境再生保全機構が公開している「上手に痰を出す方法」を実践していました。

また、ぜんそくの情報がたくさんあるので、参考にしてみるのも良いでしょう。→「ぜん息などの情報館

 

 

——-(最終更新: 2018年6月2日)——-

 

 

くすり以外でぜんそくの改善を行う

私が目をつけたのは「免疫力の強化」と「生活環境の改善」です。

 

免疫力の強化

アレルギー反応を起こすのは、免疫力も関係しています。

それを追求すると「腸内環境の改善」に行き着きました。私の答えなので、あくまで参考に。

 

腸内環境の改善は、ヨーグルトで行いました。

種類は、ビヒダス(BB536)。

選んだ理由・免疫力/アレルギー疾患との関係性については、過去記事をご覧ください。

ビヒダスって効果あるの?1ヶ月感試してみた。ハウスダストアレルギーの喘息持ちは改善された?

 

↓ 下の「生活環境の改善」でも免疫力について触れています。

 

生活環境の改善

具体的には、

  • 食事
  • 掃除(部屋の環境)
  • マスク
  • 空気清浄機

健康は食事から。「納豆」と「めかぶ」を必ず取り入れています。ネバネバが免疫を保護する効果があるそうです。心なしか平均体温が上がった気がします。体温も免疫力と関係があります。37℃が実は良かったりするそうです。個人差があるので、適した体温は違うかもしません。

 

掃除は、アレルゲンの除去です。過去記事を御覧ください

本気でハウスダスト対策をする人の為の情報まとめ

最低限として、「寝床」の掃除・対策は行ってほしいです。~8時間など同じ場所で呼吸する場所です。ぜんそくの症状を改善するための基本的な対策になります。

 

マスクはアレルゲンを吸入しないための対策です。ハウスダストならPM2.5対応マスクで大丈夫だと思っています。ですが、過信しすぎないようにしましょう。多そうな場所は避けるようにします。人混みなどではマスクは必須です。アレルゲンの宝庫です…。遠回りしても避けたいレベルです。

 

空気清浄機は、気休め感があります。効果は正直わからないのです。しかし、無いよりあったほうが良いのかなと思います。ただし使用には注意が必要です。

空気清浄機が原因で喘息になった。息苦しさがあるなら疑ってみてほしい!

 

 

以上です。

 

シムビコートの効果についての情報が少ないと感じています。コメントなどで効果についての情報をいただけると嬉しいです。承認後このページに公開しますのでよろしくお願いします。