ハウツーマニア | これってどうやる?困ったときに使える方法!

困ったときにはハウツーマニアにお任せください!あのやり方・方法がわからない、を解決へ導いてみせます!内容は自己責任で実行してください。

喉から来る風邪を引く前にできる対策方法4つ。喉の腫れに勝つ!

喉からくる風邪を引く前に。

風邪を引くときはいつも喉から。という方は多いのではないでしょうか?

喉が腫れている状態は風邪を引く前かもしれません。

悪化する前に対策を行って、風邪を食い止めましょう!

喉の風邪を引く前にできる対策方法4つ!

喉の腫れ・違和感がある方が多いと思いますが、きちんと対策を行えば発熱する前に食い止めることができるかもしれません。

 

1,喉を保湿しよう。濡れマスクがおすすめ。

喉が乾燥すれば症状は悪化しやすいです。

なので、喉の保湿はかなり重要です。

喉の保湿といえば、湿度を上げたり、マスクをするなどが思いつきますね。

普通のマスクよりも、濡れマスクがおすすめです。

 

コンビニや薬局で、3枚入300円ほどで販売されています。

Amazonでまとめ買いもおすすめです。立体型は呼吸がしやすいです。↓

 

就寝中は口呼吸になっていたり、と喉の保湿が十分でない場合があるので、こちらのマスクで対策を行ってください。

時期によってはエアコンのドライが原因で湿度が低くなり乾燥しやすいです。注意しましょう。

 

 

2,免疫力を上げる。栄養ドリンクや体を温める

とにかく、免疫力さえ高めれば喉の腫れもマシになります。

今すぐできることは下記のとおりです。

  • 体を温める
  • 喉元にタオルを巻く
  • 足を温める
  • 睡眠をとる
  • ヨーグルトなどのビフィズス菌を摂取
  • 栄養ドリンクを飲む

栄養ドリンクは、ユンケルが好みです。風邪の時には必ず飲みます。

生薬成分にこだわっており、値段は高いかもしれません。なので、チオビタ・アリナミン・リポビタンDなどでも、飲まないより良いでしょう。

 

ヨーグルトは、善玉菌が増えて免疫力が向上します。ヨーグルトは続けることが大事なので、毎日摂取すると良いです。摂取する1回量が多いほど良いというわけではないです。成分表などの説明欄におすすめの摂取があるので、そちらを参考にしてみましょう。

私は、ビヒダスをおすすめします。理由は過去の記事を参照ください。

ビヒダスって効果あるの?1ヶ月感試してみた。ハウスダストアレルギーの喘息持ちは改善された?

 

3,のど飴を舐める。

定番ですが、やっぱりおすすめ。

即効性もあります。とりあえず、バイ菌を殺菌して腫れの原因を取り除きましょう。また、潤い効果もあります。

有名所ののど飴を舐めておくと良いです。

  • 龍角散
  • VICKS(ヴィックス)
  • 浅田飴

主成分が砂糖ですので、舐めすぎには注意です(免疫力的にも)。用法用量が記載されているので守りましょう。

 

 

4,ツボを押す

救心製薬株式会社のホームページを御覧ください。

→ http://www.kyushin.co.jp/advice/advice_e04.html

天突(てんとつ)
【ツボの位置】
左右の鎖骨を結んだ中央部の窪み

【探し方】
のどぼとけから指を下へさげて当たる骨の窪み

 

雲門(うんもん)
【ツボの位置】
鎖骨下縁で肩関節寄りの窪み

【探し方】
鎖骨下縁を肩関節へ向けて指をすべらし止まる窪み

 

のどはデリケートですから、ゆっくり3秒押したら3秒離すペースで1度に2回程度がよいでしょう。この時、力を入れすぎないように注意してください。

 

あくまで補助的なものとして試してみてください。

強く押すと逆効果になる場合もあります。危険な行為にもなるので注意してください。

 

 

喉風邪の前の対策、まとめ

喉は普段からケアする必要があります。

外から帰ったら、手洗い・うがい・洗顔を心がけましょう。なぜ洗顔かというと、顔面についたウイルスなどを吸ってしまったりする可能性があるからです。

また、免疫力と喉は太い関係があります。体を冷やしたりするのは良くないので、暑い日でもエアコンが使われていることを視野に入れて羽織れるものを持ち歩きましょう。

人混みの場所ではマスク必須です。いろいろなバイ菌が行き交っています。これらは喉に刺激を与えます。普通のマスクで良いので着けましょう。

 

以上です。もし風邪を引いたと感じたら、病院へ行きましょう。ただの風邪ではないかもしれません。思い込みは控えて、万が一のときも考えて対応できるようにしましょう。