ハウツーマニア | これってどうやる?困ったときに使える方法!

困ったときにはハウツーマニアにお任せください!あのやり方・方法がわからない、を解決へ導いてみせます!内容は自己責任で実行してください。

SetupHost.exe(Modern Setup Host)とは? CPU/メモリの使用率が高いから調べてみた。Windows10で起こる現象。

SetupHost.exeのプロパティ

PC(Windows10)を触っていると、急に動作が重くなりカクつきはじめました。

タスクマネージャーを見てみると、『Modern Setup Host(SetupHost.exe)』という名前のプロセスが動作していました。

これはなんだ?と思い調べてみましたので続きよりご覧ください。

SetupHost.exe(Modern Setup Host)とは?

『Modern Setup Host』の正体は、SetupHost.exeです。

プログラムの場所は、「C:\$WINDOWS.~BT\Sources」でした。ちなみに隠しフォルダです。

 

SetupHost.exe のファイル説明

SetupHost.exeのプロパティ

これだけを見ると、Windows10関連の重要なプログラムに見えますね。

 

CPU・メモリ使用率

CPU:14.0%
メモリ:475.9MB

※上下します。

 

結局、何のプログラム?

Windows10の更新プログラムでした

 

確認方法は下記の通り。

Windowsマーク → 歯車 → 更新とセキュリティ

 

100%(準備完了)になったらこうなる

更新の適用のタイミングを指定できます。

 

また、更新の準備ができたけど、更新せずにシャットダウンしたい場合は、デスクトップ画面をアクティブ(選択状態)にして、Alt+F4を押して、「シャットダウン」を選択します。※注意事項あり。下のPOINT参照。

更新はかなり時間がかかる場合がありますので、活用してください。

※更新するしかない場合もあります

 

作業中にAlt+F4を押すと、プログラムが強制終了するので注意してください。

 

対処方法

Windows10の更新で、必要なプログラムです。

問題ないのであれば、放置しておきましょう。

 

そもそも画面を見る限り、停止や中止ができなさそうでした。

結局放置するしか対処できなさそうです。

強制終了してWindowsが壊れるのも避けたいので、無難に放置ですね。

 

他のプログラムも動いていました。Dism Host Servicing Process

こちらもWindowsOS関連の重要プログラムです。

DismHostServicingProcess

強制終了などはさせないようにしてください。

 

まとめ

タスクマネージャーで見たことのないプロセス名があると、ウイルスかな?と不安になりましたが、今回はWindows10の更新プログラムでした。それにしても重い。

いきなりダウンロードやインストール準備が進んでいました。事前に知らせて欲しかったですね…

ちなみに、私の環境では今回の更新は「Fall Creators Update」でした。

 

 

追記1:TiWorker.exe

2018年1月12日に追記。

下記のプロセスもWindows10のアップデートが関係しています。

『Windows Modules Installer Worker』本体は、「TiWorker.exe」です。

他にも「サービスホスト: ローカルシステム(3)」というのもそれに該当します。

2018-01 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1709 の累積更新プログラム (KB4056892)

 

この「サービスホスト: ローカルシステム(x)」には下記のようなものがあります。

  • Windows Update
  • Update Orchestrator Service
  • Remote Acess Connection Manager

 

追記2:Windows Module Installer Worker

これもWindows Updateの一種。やっぱりメモリとかCPU食います。

 

KB4074588について。

これは非常に大切なアップデートなので、インストール完了させてください。

 

マイクロソフトから 2018年 2月のセキュリティ更新プログラムが公開されま
した。本情報には、深刻度が「緊急」のセキュリティ更新プログラムが含まれ
ています。脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコー
ドが実行されるなどの恐れがあります。

ソース・引用元:https://www.jpcert.or.jp/at/2018/at180008.html

 

以上です。