ハウツーマニア | これってどうやる?困ったときに使える方法!

困ったときにはハウツーマニアにお任せください!あのやり方・方法がわからない、を解決へ導いてみせます!最近は雑記も!

マジでおすすめしたい軽量ノートパソコン3選。Mac?理由があって選んでる?

 

おすすめの軽量ノートパソコンはこれ

外出用のノートパソコンなら、軽量な方がうれしいですよね!

最近では軽量なノートパソコンがたくさんあります。色々あって迷ってしまいますよね?

 

候補にMacBookが入ってたりしませんか?

MacBookは非常に素晴らしいです!しかし、理由なしに買うのは賢くありません

そこで、当記事では本当におすすめしたい軽量ノートパソコンを紹介します。

MacBookが向いている人も紹介します!

おすすめの軽量ノートパソコン

私が本気でおすすめしたい、外に持ち運びたくなるような軽量ノートパソコンを紹介しています。

 

パナソニック『Let’s note』軽量なのに丈夫すぎる!

レッツノートの重量

シリーズや液晶サイズによって重量は違います。

SZ6シリーズ(12.1インチ)のドライブレスのモデルだと、約0.849kg。ドライブがあっても約0.929kg

LX6シリーズ(14インチ)は約1.275kg~となっています。

どれも十分軽量と言えるでしょう。

 

レッツノートが向いてる人

  • 色んな場所で使うガチな人向け。
  • おしゃれ?なにそれ。
  • 性能・堅牢(丈夫)さ・駆動時間で選ぶ人
  • 高くても良いものを買いたい人(質重視)

 

ここがスゴイ

レッツノートはあのパナソニックが製造しているノートパソコンで、『堅牢』で有名です。つまり物理的な衝撃などにも強く丈夫なのです。

 

多くはSSDを採用しています。データの読み書きが早く、起動も数秒で出来るでしょう。なので使いたいときにすぐ使えます。

駆動時間も長いです。こちらもシリーズなどにより違いますが、SSDモデルなら約14.5時間または、約22時間持ちます。

たとえば、上にあるAmazonのレッツノートは1.13kg駆動時間は約18時間です。

サポートも対応がよく安心です。さすがはパナソニック。

 

公式サイトならカスタマイズできる

別料金はかかりますが、カスタマイズできます。

  • ノートPCの天板の色
  • ホイールパッドの色
  • キーボードの印字
  • バッテリー(S/L)

 

 

Apple『MacBook』

MacBookの重量

シリーズ名称 重量(約)
MacBook (12インチ) 0.92kg
MacBook Air (13インチ) 1.35kg
MacBook Pro (13インチ) 1.37kg
MacBook Pro (15インチ) 1.83kg/2.04kg

 

MacBookが向いてる人

  • おしゃれに決めたい人
  • iOSのアプリ開発(Swift)
  • Windows以外のOSに触れたい人
  • マウスを使わず指先で操作したい人

 

ここがスゴイ

iOS(iPhoneやiPad)のアプリケーションを開発したいのなら、MacBook一択です。

あと、トラックパッドは本当に使いやすいです。指のジェスチャーで様々な動作ができてしまいます。マウスなんて不要。

Bootcampを使えばWindowsアプリも使えちゃう

MacBook(無印)はファンレス構造なので、音が出ないです。(ファンが無い)

それ以外では、デザインセンス・操作性など相性の問題です。(こんなことを言っては怒られそうですが)

 

エクセルやワードが使いたいなら

費用をかけたくないのならフリーソフトの「LibreOffice」がおすすめ。

いつものエクセルなどを使いたいのなら、費用はかかってしまいますが、「Office365」または「Office Mac Home and Student 2016」がおすすめです。購入する必要があります。

 

また、GoogleがWEBブラウザ上で使えるアプリを提供しています。次のようなアプリが無料で使えちゃいます。

 

 

Microsoft『Surface Pro』

Surface Proの重量

CPU 重量(約)
M3 768g
i5 770g
i7 782

本体の重量です。

これにアクセサリのタイプカバーやペンなどの重量が加わります。ちなみに本体とは別売りです。でも必須級。価格計算の際はご注意を。

タイプカバー:310g

マイクロソフト Surface Pro タイプカバー プラチナ FFP-00019

ペン:20g

マイクロソフト Surface Pen(プラチナ) EYU-00015(PEN/4096PL

 

ここがスゴイ

タブレットにもなる。ノートパソコンにもなる。(2in1PC)

こちらもファンレス構造(ファンが無い)ので静か。i7はファン有りですが静か。しかし発熱するとよく聞きます。

アクセサリのペンは強いです。サッとメモが出来ます。プレゼン発表では丸をつけたりと強調でき、プレゼン性もUP

もちろんお絵かきも出来ます。筆圧レベルは4096と本物のペンのように扱えます。書き心地も自然で、やわらかい。

最後にトラックパッドについて。MacBookも顔負けレベルで、同じようなマウスジェスチャーを使うことができます。

 

YouTuber 瀬戸康史さんの動画も参考になります。

 

 

簡易、パソコンスペックの選び方

本当に簡易ですが、パソコンスペックの選び方を用途別で紹介します。

 

WEBサイト見る・動画・エクセル(オフィスソフト)

CPU:Intel Core i3/i5/M/M3/Celeron
メモリ:~4GB

ネットサーフィン・エクセル・ワードなどのオフィスソフト。あとはYouTubeなどの動画再生。

多重な作業は重くなるかもしれません。

 

プログラミング・仮想OS

CPU:Intel Core i5/i7
メモリ:8~16GB以上

 

ゲーム・動画編集

CPU:Intel Core i5/i7
メモリ:8~16GB以上

ビデオカードは、ノートパソコンなのでCPU内蔵のオンボードグラフィックです。ノートパソコンのビデオカードを増設することは(基本的に)できません。

 

 

まとめ

以上、本気でオススメしたい軽量ノートパソコン3選でした。

外でノートPCを使うならやはり軽量というのは、かなり大事ですよね。

どれも駆動時間はかなり長いので、持ち運び・外出用には最適です。

参考になれば幸いです!