ハウツーマニア | これってどうやる?困ったときに使える方法!

困ったときにはハウツーマニアにお任せください!あのやり方・方法がわからない、を解決へ導いてみせます!内容は自己責任で実行してください。

HTMLコインのウォレットの使い方。取引所からウォレットに移動する方法

HTMLCOINのウォレットのインストール・暗号化・バックアップ・入金方法を紹介します。

取引所に保存せず、安全なウォレットに移動して保有しましょう!

HTMLCOINのマイニング方法はこちらの記事

HTMLコインのウォレットのインストール・暗号化・バックアップ手順

操作は簡単です。

HTMLコインのウォレットはWindowsとOSX(Mac)に対応しています。

 

1,ウォレットのインストール

公式サイトへアクセスします。

https://htmlcoin.com/wallets/

 

該当するOSのロゴをクリックするとダウンロードが開始します。

Androidは準備中のようです。

 

※Windowsで操作を進めます。

 

起動して基本的にNextを押してインストールを完了させます。

 

 

そのまま進めるとウォレットが起動します。

この画面では「任意のデータ ディレクトリを使用:」にチェックを入れました。(保存場所がわかるため)

Windowsではアドレスバーに「%appdata%」を入力してエンターを押すと、このディレクトリを開けます。(特に見る必要はありませんが。)

 

2,同期する(起動時)

こんな画面になります。

中央下部を見ると「計算しています…」と表示されています。

数分待っていると、「あと○年 と △週間」などと表示されます。実際には数十分~数時間で同期完了するのでご安心を(笑)。ちなみに私は30分前後で終わりました。

Windowsでは、応答なしになる場合もありますが放置しておきます。同期処理にはメモリ・CPUを多く使用するので重いです。

 

 

3,ウォレットを暗号化する

バックアップの前に暗号化します。

Settings →『Encrypt Wallet…』を選択します。

 

暗号化するためのパスワード入力が求められます。

10文字以上で入力しましょう。

パスワードはPC内に保存しないようにしましょう。
賛否両論ありますが、私は紙にメモして保存しています。

暗号化に成功したら、ウォレットが終了します。

バックアップをするにはウォレットを起動し直してください。

 

4,ウォレットのバックアップをとる

暗号化後に行います。

File → 『Backup Wallet…』を選択。

保存する場所を選んで、命名して保存します。

“HTMLCOIN”などの名前にするとわかりやすいです。

同じメディアに保存してもあまり意味がありません。
USBメモリやSDカードや外付けHDDなどに保存しましょう。

HTMLコインを取引所からウォレットに移動する

まずは入金アドレスを生成する必要があります。

Receive → ラベルに取引所名などを入力 → 「支払をリクエストする」をクリック

他の「総額」や「メッセージ」などの入力欄は無視しました。(人柱感)

アドレスが表示されるのでここに送金します。

 

なお、テスト送金は怠らずに…。

 

ちゃんと着金しました。ちなみにTradesatoshiで着金まで2分ほどかかりました。

 

 

以上です。

 

 

HTMLCOINのマイニング方法はこちらの記事

 

 

追記:PoSマイニングについて(ステーキング)

下記のツイートを参考にしてください。

なお、SettingsからUnlock Walletしてからの作業になります。

 

追記:同期が進まない時。未知のまんま

Windowsの場合、「管理者として実行する」をすると同期が始まりました。

関係のない場合もありますが、私はこれでできたのでお試しください。

 


 

HTMLCOINは将来1ドルを目指しているそうですよ。

今は0.5円ほどですから、ざっと200倍ですね!

 

参考になればツイッターなどで共有していただけると嬉しいです…(˘ω˘)