ハウツーマニア | これってどうやる?困ったときに使える方法!

困ったときにはハウツーマニアにお任せください!あのやり方・方法がわからない、を解決へ導いてみせます!内容は自己責任で実行してください。

コインチェック→Binance 送金する方法。画像解説つき

 

コインチェックからBinanceに送金する方法。XRPは簡単かつ送金速度が早くておすすめ!

Binanceの登録方法はこちらから(当サイト内)

Binance(バイナンス)に登録しても、入金しないと取引はできませんよね。

コインチェックからBinanceに送金する方法を画像つきで解説します!

コインチェックからBinanceに送金する方法【画像】

今回はリップル(XRP)を例に解説します。

PCで操作しています。

 

1,準備

コインチェックとBinanceの管理画面を開きます

ブラウザのタブを2つ使って操作していきます。

 

2,Binanceの口座情報を開く

右上の「資産」→「預金の引き出し」。これでコインの一覧が見れます。

Binanceの入金と出金画面の開き方。

 

次に、XRPの行の「預金」をクリック。

すると、警告メッセージが表示されます。解説は過去記事でしてます。

[I understand. Continue.] を押して口座情報のアドレスやTag(タグ)を表示できます。

 

3,送金する

下画像の順に操作します。

Binanceとコインチェックをまたいで操作していきます。

※画像クリックで拡大できます

Binanceの口座情報

 

コインチェックは、「ウォレット」から「コインを送る」→「Rippleを送る」→「送金先リストの編集」

ここで、新規に送金先リストを作成します。

新規ラベル:Binanceなどとすれば良いでしょう。
新規宛先:Binanceでコピーした文字列(無駄に長いやつ)を貼り付け

入力して、アドレスにミスがないか確認したら[追加]を押します。

すると、下に作成した情報で選択リストが表示されます。↓

コインチェックの送金操作時に新規にラベルを作成して表示されるリスト

 

作成した情報を選択したら、「XRP宛先タグを使用する」にチェックを入れて、Binance側の手順③にあたる数字をコピーして、ここに貼り付けます。こちらもミスがないか確認しておきましょう。

あとは、送金する金額を入力するだけです。手数料は0.15XRPかかります。

入力ミスがないか確認して、最後に[送金する]を押せば完了です。

コインチェックのXRP送金処理手順。

 

 

 

 

 

4,送金後の状態を確認する

コインチェックは「コインを送る」のページ下部で送金履歴が確認できます。

コインチェックの送金状態を確認する

 

Binanceは、該当コイン行の[預金]から履歴という文字がリンクになっており入出金履歴の確認画面を開けます。

Binanceの入出金履歴を確認する

 

 

コインチェックからBinanceに送金する方法は以上です。

 

 

なぜXRPを使って送金したか

メリットが多いです。

まずは、何と言っても”送金速度が速い“!

今回の場合、約50秒で送金が完了しました。(コインチェックからBinance間)

 

次に、”送金手数料が安い“!

0.15XRPです。1XRPが200円なら30円の計算です。

 

ちなみにビットコイン(BTC)は、0.001BTCが送金手数料で1,000円を軽く超えます。しかも送金完了も30分ほどかかりました。場合によってはもっと遅いと思います。

 

以上です。